開発品VA/VE

ジュラルミンの加工技術開発

本来ハイテン590材で構成される部品を高強度アルミ材へ置き換えることによるカーボンニュートラル対応:軽量化への挑戦
ハイテン材と重量比較すると60%の軽量化となる。

そのまま常温で塑性加工すれば割れてしまい加工ができないが、
ジュラルミンの時効という特性に着目し、成形性を向上しつつ材料強度も損なわない加工方法を導き、製品の加工に成功した。
それでも、曲げ加工で曲げ半径が小さければクラックが発生するなど、各工法における加工限界の見極めや、製品の精度・強度評価などまだまだ課題は多い。